上手な投資のやり方がこれからの人生設計における貯金に繋がります!投資の成功が勝ち組への道です。

主要取引通貨

Point.1
主要取引通貨
バイナリーオプションでは、日本円、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンドが主要な取引通貨となります。 それぞれの特徴と関連性を理解し、動向を把握し予測を立てられることこそバイナリーオプションでは重要となります。
① ドル
アメリカドルは、世界最大の流通量を誇り、他の通貨の相場にも大きく影響を与える「通貨」です。
ドルは「世界の基軸通貨」と呼ばれています。 流通量は日本円の10倍にも及びます。
また世界最大の経済大国、米国が発行するドルには信用があります。
とはいえ為替変動はドルにもあります。 この国の情勢がドルの動向にも影響を与え、
それが他の通貨にも大きくかかわりを持ってくるのです。
よってどんな国の通貨を扱うにしても、まずアメリカ情勢とアメリカドルはおさえておくことが、
全ての投資において重要なファクターとなります。
② ユーロ
発行量は世界2位を誇り、「第2の基軸通貨」と呼ばれています。
ドイツやフランスなど欧州17ヶ国の単一通貨として使用され、
世界貿易においてもドルに次いで利用されています。
しかし17ヶ国のユーロ加盟国の中には財政状況が不安定な国もあり、
それがユーロの為替変動を加速させています。
よってドルに比べて値動きが大きいのが特徴の一つです。
欧州債務危機などのようなこともあり、不安定さはありますが、それが変動幅を大きくするため、
投資家からは人気のある通貨であります。
③ ポンド
イギリスの通貨ポンドは、20世紀初頭に米国が世界の派遣を握るまでは
圧倒的な力を持つ世界の基軸通貨でした。
今でも為替市場における流通量はドル、ユーロに続く世界3位の規模を誇っています。
(日本円はポンドについで4位となります。)
規模が大きいといってもドルやユーロに比べれば小さく、それが値動きをより加速させます。
上昇も下落も非常にダイナミックで1日の値動き幅も大きくなります。
よってバイナリーオプションでも高倍率が狙えます。
もし高倍率で利益を大きく出したいという場合は、「ポンド/円」は非常におすすめのペアーとなります。
流通通貨規模によって値動き変動率が代わり、それが高倍率を生み出す。
投資スタイルや経験にあわせて通貨ペアを選択していきましょう。
またバイナリーオプションでの経験はFXなどでもすぐに役立てることができます。
FX経験者はその経験をバイナリーオプションに、
そうでない方はバイナリーオプションで為替の経験をすると
それが株式投資などの国内、国外企業投資にも役立てることができるでしょう。
GMOクリック証券のFX取引は取引手数料0円、
スプレッド0.4銭(米ドル/円)、でご提供しております。
インヴァスト証券「くりっく365」
「くりっく365」預かり資産 4年連続 No.1
ページトップへ
口座開設ランキング1位GMOクリック証券株式会社