上手な投資のやり方がこれからの人生設計における貯金に繋がります!投資の成功が勝ち組への道です。

年収

Point.1
年収
「年収」という言葉がこれほど検索されているものだとは知りませんでした。
しかしやはり気になるものです。
「自分って人とくらべてどのくらいなんだろう?」
「業界別にはどうなんだろう?」
「平均年収って案外低いかな?」
などなど・・・。
人それぞれ色んなことを考えながら、気にしているものなのでしょう。
さてそれでは話を本丸に移しましょう。
あなたは今現在自分の年収が正確に把握できていますか?
またその年収のうち、どれだけのお金をどこに費やしたかなど、ある程度でも把握していますか?
年収を気にする一方でこういったことは、正確に捉えられていないという人が多いのではないでしょうか。
ちなみに大手転職サイトの調べによると、全職種の平均年収は461万円(平均年齢30.5歳)。
年代ごとに見ると、25~29歳で410万円、30~34歳で480万円、35~39歳で548万円
という結果になりました。
これはあくまで大よその目安に過ぎませんが、
少なくともこれくらいないと生きていけないくらいのことは言えるでしょう。
また投資のための智恵の樹をご覧いただいている方のように、野心的で志の高い方々にとっては、
こんなものに負けるわけはいかないというラインかもしれません。
どちらにせよ、年功序列的なものがだいぶ薄れたとはいえ、
年ごとに収入が増えていることは間違いないようです。
しかしここで考えてみてください。
世の中で何気にリッチなのは、学生ではないでしょうか?
新春コンパ・忘年会・サークルの飲み会・合コンなんて名目で大学生は飲みに繰り出します。
こんなことどうしてできるのでしょうか?
それは間違いなくダブルインカム状態をある意味確率できているからでないでしょうか?
生活費面は親+自分の自由出費分はバイトって感じで…。
学生バイトだって馬鹿にできませんもんね。月10万稼いでるなんて方もザラでしょう。
そこへ持ってきて基本的支出は親が持ってくれているワケですから。 金がないわけないんです。
これが良いことであるとは思いません。(自分も立派にそうだったが…)
ただこのことからいっても年収アップをお考えの方がこれから打つ手としては、
秘策としては会社でのキャリアアップだけを模索することではないのは確かです。
会社が無くなったら、身につけたスキルだって業界違いの所では、何の役にも立たないのです。
よって独自に会社以外のところからの収入を考えていくことを強く提唱します。
基本的な支出は会社の給料、
それ以外の貯蓄や結婚資金は第二の収入源でというようにするのが、賢明です。
仮に会社がつぶれても第二の収入源により危機回避できますし、精神的にも余裕がでます。
こういった打算的動きは、これからどんどん必要になるでしょう。
この時代に生まれたことを不幸ととらえるのでなく、攻略しがいのあるゲーム と考えて必ず勝利しましょう。
だいたい、みんなが安定している世の中で成功することは、とんでもない難しいでしょう!!
みんなが沈んでいる今だからこそ、ちょっと頭ひとつ抜け出せば爆勝ちできるのです! !
GMOクリック証券のFX取引は取引手数料0円、
スプレッド0.4銭(米ドル/円)、でご提供しております。
インヴァスト証券「くりっく365」
「くりっく365」預かり資産 4年連続 No.1
ページトップへ
口座開設ランキング1位GMOクリック証券株式会社