上手な投資のやり方がこれからの人生設計における貯金に繋がります!投資の成功が勝ち組への道です。

所得格差問題

Point.1
所得格差問題
所得格差はとんでもない勢いで、加速度的に拡大していっています。
80年代の低所得者層・高所得者層の差はおよそ10倍でした。
しかしこれがなんと小泉構造改革後、とんでもない数値をたたきだします。
なんと168倍です!!
これは笑える状況ではありません 。
ここまで付いてしまった格差はちょっとやそっとでどうにかできるものではありません。
政界と経済界が密接につながっている以上、一般市民ができることなどないのです。
小泉構造改革によって進んだ規制緩和は自由を世の中に与えたのではなく、
混沌をよびおこしたということは、このことからも明らかでしょう。
現在では同じ業種の中での所得格差を無くすために正社員の増加や正社員賃金の抑制・賃下げ、
非正社員の賃上げや非正社員切り反対などが叫ばれていますが、
その一方で正社員と非正社員では労働時間・責任の重さの違いから、
所得格差を無くすのは資本主義の理に反しているのではないかとの声も上がっているのも事実です。
それどころか、サブプライムローン問題がおこって以降、企業は徹底して保身に走り、
正規だろうが非正規だろうが(もちろん非正規=非正社員のほうがより切迫したものではあるが〉
関係なく、リストラを敢行しています。
企業理念・社会的責任なんてものは、
この世に皆無・そんな言葉自体既に死語であるとさえ言えるのかもしれません。
不景気でも億ションに住むものもいれば、明日の生活費すらままならないものもいるのです。
完全失業者が300万人、貯蓄ゼロ世帯23%と確実に危機的状況に陥っているものがいるなかで、
いわゆる勝ち組と呼ばれるものだけが、利益をむさぼっているのです。
1億皆総中流なんてことも不自然なのかもしれませんが、それにしても一度でも失敗したもの、
勝ち組から言うところの負け組層がどんな努力をしても這い上がってこれない社会システムは
良いものでないことだけは確かでしょう。
社会変革を期待することは意味のないことです。
王道を行っても(普通に一生懸命働いて、慎質素な生活をして貯蓄する)、結局は弱き者は弱き者です。
弱者でも強者でものないわが道をいく、それこそが唯一の成功法なのかもしれません。
そのためには、そのようなことに縛られないだけの経済力を養う必要があります。
投資のための智恵の樹では皆さんが、本当の意味での勝ち組でなるためのアドバイスを致します!!
GMOクリック証券のFX取引は取引手数料0円、
スプレッド0.4銭(米ドル/円)、でご提供しております。
インヴァスト証券「くりっく365」
「くりっく365」預かり資産 4年連続 No.1
ページトップへ
口座開設ランキング1位GMOクリック証券株式会社